2021年度 スローガン

​その先へ

~Next stage from New value~

藤原啓輔
藤原啓輔

一般社団法人当別青年会議所 

2021年度理事長所信

第42代理事長
​藤原 啓輔

はじめに 

 新型コロナウイルスを起因とするパンデミックは、人類のあらゆる尊厳を脅かし、世界規模で社会的、経済的、そして政治的危機を引き起こしながら、依然として私たちの生活に甚大な影響を与えている。我々もまた、その活動に大きな影響を受け、日々、生命の安全と地域経済と活力の再興という難しい選択を突きつけられた。私は、こんな時代だからこそ、40年前に制定された私たちの創始の精神を今一度、噛みしめ、改めて当別青年会議所の本来の姿を明確にして、行動していくことが求められていると信じている。

「わたくしたちの青年会議所は多忙でもいい、唯この地を愛し、未来に大きな夢と希望と情熱をもった青年の集まりにしたいと思います。」                                             ~当別青年会議所設立趣意書より一部抜粋~

 時代を先駆ける我々が明確なVISIONを携え、ニューノーマルの先に新たな価値を創造することで、新たなステージが待っている。共に目指そう、その先へ。~Next stage from New value~

 

 

ニューノーマルのその先へ

 

 日本全体に蔓延した新型コロナウイルスの感染拡大により、非常事態宣言発令という、私たちが未だ経験したことがない事態を前に今まで当たり前に行ってきた日常が奪われた。そして、先の見えない情勢の中、このまちにおいても、飲食業をはじめとする地域経済の衰退や様々なイベントや事業の中止により、まち全体の活力が失われつつあることを体感し、危機感や恐怖を感じた。

 その様な状況下において、「今できること」「私たちに出来ること」を必死に模索する中で、町内青年4団体によるマスクの寄贈、コロナ禍で売り上げの減少等を受けた事業者に向けてコロナ対策補助金・助成金のオンラインセミナー、「#がんばろう当別」の合言葉でこのまちの魅力などをSNSによって発信する事業を我々が展開出来たことは、思考を止めず、積極的且つ能動的に活動できる青年会議所の真価を発揮することが出来たのではないかと思う。この一連の運動の中で、不幸中の幸いともいうべき1つの発見があった。それは、このまちに住まう人々の愛郷心と共助の心ともいうべき、このまちを守ろうとする想いが喚起されたことだ。また、飲食業を応援するクラウドファンディングにおいては予想をはるかに上回る資金が集まり、様々な団体によるマスクやフェイスシールド、消毒液等の寄付など、誰もが利他の精神をもって、このまちを守りたいという想いが行動へと繋がったのではないだろうか。この想いや行動を一過性のものにするのではなく、ウイルスとの対峙が長引く今だからこそ、あらゆる方策と新技術を用いることで時代を先駆け、ニューノーマルというその先に新たな価値を創造し、イノベーションを生み出していかなくてはならない。

 今の時代に創り出すのは新たな特産品や地域の魅力ではなく、生み出すのは「モノではなく価値」である。我々が成すべき価値の創出とは、SDGsの17の目標が有効な指標であり、実践を積み重ねることによって推進していかなくてはならない。それには、パートナーシップという手法を用いて、互いの強みを掛け合わせることによって、大きな力へと変えていくことが重要である。生活様式や既存の様々な価値観が見直される今において、その想いや行動の本質は何かを追求し、ニューノーマルというその先に新たな価値を創出していきたい。 

人間力溢れる青年の育成

 新型コロナウイルス感染拡大から政府の非常事態宣言において、様々な分野や生活様式が変容する中で、子ども達を取り巻く環境も大きく制限された。長期化する休校と外出自粛要請のなかで、心理的な窮屈さによるストレスを抱え、精神、身体、行動のさまざまな面で不調や不安を抱え、発達に重要な友達との交流や運動の機会を奪われ、自宅学習が長引いたことによる、学力の低下や格差など様々なことが問題視された。  そんな中、2020年9月にユニセフ(国連児童基金)・イノチェンティ研究所が発表した「レポートカ ード16」というものがある。これは、先進・新興国38カ国に住む子ども(5歳から19歳まで)の幸福度を調査した報告書で、日本の成績は身体的健康度1位、学力・社会的スキル27位、精神的幸福度37位、総合20位であった。前回の調査(2018年)では総合6位だったことから、大きくランクを落としたことになる。しかし、その中で最も注目するべきことは、日本の子どもの「精神的な幸福度」が最下位から2番目の37位ということだ。今回の「精神的な幸福度」の評価基準とは 「生活満足感」(life satisfaction)と「15 歳から19 歳の10 万人あたりの自殺率」(suicide rate per 100,000 adolescents aged 15-19 years)で指標化されている。生活満足感とは「楽しいと感じるような情緒や、生活への満足感や、繁栄しているという感覚」であり、問題は日本の子どもの「生の感覚の希薄さ」だ。先述のことから、日本は経済状況も諸外国に比較すれば悪くはなく、子どもの肥満率も低く健康に恵まれていて、学力も健康状態も悪くない。日本という国家の子ども向け政策や環境も悪くはなく、世界基準で見れば非常に恵まれている。しかし、その恵まれた状況を最大限に活用し自分の人生を豊かに大きくしようとする意欲に欠けており、自分を幸福にするのは自分の使命だと前提し、努力し人生や夢に挑戦する姿勢やマインドが欠けているのではないかと思う。

 そこで、未来を担う子ども達に我々が取り組むべきことは、夢や人生の目標を達成するためのプロセスや日々努力を積み重ねる大切さを実践の中から学び得て、人間力を育むことの出来る情操教育の環境作りである。またそれは、一定のカリキュラムを与えるのではなく、夢や目標を叶えた大人や子ども達が憧れを抱く大人が直に子ども達と接し教えることによって、その効果は飛躍的に向上するものだと思う。このまちの未来を担う子ども達が夢や人生の目標に向かって、確かなプロセスを積むことの出来るスキルとマインドを身に着ける機会とそれに向かって歩んでいける環境を私たちは構築し、人間力溢れるこのまちの子ども達を育成していきたい。

温故知新

 2020年度創立40周年を迎えた中で、新型コロナウイルス感染拡大により、記念式典・事業の延期という断腸の思いで大きな決断を下した。Webでの開催や関係者のみのごく小規模での開催など、様々な方法はあったが、第41代という重いバトンを引き継いだ身として、先輩諸兄が連綿と紡いでこられた運動の節目を最高の形で迎えたいという想いからその決断へと至った。40年という3文字の言葉かもしれないが、そこにある1年1年の尊い歳月は、このまちを明るい豊かな社会とするための高い志を抱き、先輩諸兄が修練という名の自己研鑽に励み、町民意識を変革する運動によって、実績と信頼を積み重ねてきた結果であり、現在の当別青年会議所の価値そのものだ。

 我々は次の50年という節目に対して、青年会議所運動の価値をさらに高め、このまちに必要とされる、当別青年会議所であり続けるために、そしてこのまちが愛されるまちであり続けるために、未来を見据えた次のステージへと歩みを進めていかなくてはならない。

 それは、先輩諸兄が40年という歳月の中で当別青年会議所が価値を示してきたように、次代を担う我々青年に課された使命である。まちへの深い愛郷心と未来への大きな夢と希望と情熱という想いを運動へと変え、時代の変化に臆することなく、明確なVISIONと新たな価値観を合わせ持ち、今という時間をバトンという形で受け継ぎ、当別青年会議所がこのまちに無くてはならない存在であり続けるために、果敢な挑戦持ってその先の時代へと邁進していきたい。

人財育成を基軸とした会員拡大

 2020年度JCI当別はコロナ禍という、活動が制限される中においても、9名の会員拡大を行い、20代の会員拡大率では本会の会議体に注目されるほどの実績を残すことが出来た。それは、様々な要因が折り重なったものであるが、偏に担当委員会の英知と実行力の賜物に他ならない。そもそも、会員拡大とは青年会議所が持続可能な組織であり続けるための手法であるとともに、意識変革という青年会議所運動の根本であり、事業の魅力と人財の魅力が相まって会員拡大が果たせるのである。

 新型コロナウイルスの蔓延によって、まちが疲弊し、どの団体も活動が出来ない中においても、ピンチをチャンスへと変え、「このまちにはJCがある」と言われる程の存在感を示し、能動的に活動するメンバー1人1人が輝くことによって、会員拡大活動の推進力は更に高まりを見せる。また、今後の会員候補となる世代を事業に巻き込む仕組みを構築することで、運動の発信と会員拡大の両輪が回るようにする必要がある。情報は相手に伝わった時、初めて発信となる。実質的な情報伝達が出来ていないのであれば、青年会議所運動は自己満足の世界でしか無くなる。時代に即した情報媒体や効果的な発信手法を考え、他者を巻き込むことの出来る広報活動は、組織のブランディングにおいても重要である。

 そして、私たちはJCI当別を最高のリカレント教育の場として開かれた存在にする必要がある。かつては「JCしかない時代」と言われた頃から、今は「JCもある時代」とよく耳にする。今後リカレント教育を行う組織が増えることが予測される中で、まちづくり、企業や組織のリーダーとして、青年会議所が実践を通じ、唯一無二の高水準での学びと気付きのレカレント教育の場となる努力を行う組織であることが、選ばれ、社会に必要とされる組織となる条件であり、会員拡大と人財育成を組織的に実践できる運動を展開していきたい。

 

誰もが輝く組織改革

 先輩諸兄が連綿と受け継いできたJCI当別という組織が変わらないために変わるという覚悟のもと、組織改革への決断を行った2020年度において、現状を悲観的に捉えず、時代に即した組織へと改革できる絶好の機会であった。

 しかし、新型コロナウイルス感染拡大に直面して、あらゆることが従来と同様の進め方が出来ないからこそ、未来にビジョンを定め、組織の本来的な目的を見失わずに、どのような手段としての選択肢があるのかということに向き合う機会でもあった。Web会議の導入、様々なSNSを活用した事業と広報活動など、「今できること」を実践することが出来た。これは、三信条をはじめとする青年会議所の理念を、メンバー1人1人の中でアップデートする大きな機会になるはずである。

 私たちはなぜ青年会議所活動に時間を費やすのかという問いに立ち戻った際に、青年会議所という仕組みを通じて、このまちを、社会を、守るべき家族のためにより良く変革していくという活動の本質的な大義を、1人1人が胸を張って語るべきである。そのためには、全てのメンバーに成長の機会を提供し、それを積極果敢に掴み取り、誰もが輝けるLOMとしての環境整備を行う必要がある。組織は頼られるものでなければならない。頼られるためには、信頼を得ることが必要となる。そして信頼を得るとは、共感を広げることである。様々な役職や経験、活動を通じて期待感を持つことの出来る組織を構築し、これらの共有から共感を広げられる組織となっていきたい。

おわりに

想像してみてください。

10年後のこのまちと私たち。

大都市もいいけど地元が好きな若者が増え、仕事もちゃんとあって、生活もできている。

皆それぞれの夢に向かって目を輝かせ活動する、子ども達で溢れている。

元気な高齢者をまちで見かけることが多く、彼らをサポートするためにテクノロジーが活躍している。

人口減少や労働不足は価値の転換で前向きに捉えられ、ここでもテクノロジーが上手に使われている。

このまちを俯瞰的な視野で見ることができて、多様性についても理解がある。

社会課題についても敏感なだけではなくて、積極的に解決していこうと行動を起こす若者がいる。

当別青年会議所という存在が、こんな社会の土台作りのために、このまちで活躍している。

決して大きくは目立たない、でもそこには必ず無くてはならない存在になっている。

すべては私たちの行動次第。

ただ言うだけじゃなく、まずは自らが率先して行動することで人を巻き込み、まちを動かし、社会を動かそう。

当別青年会議所がまちに根ざし、まちを想い、まち変える姿がそこにある。

共に目指そう、その先へ。~Next stage from New value~

基本方針

1.ニューノーマルのその先へ繋がる新たな価値の創造

2.人間力溢れる未来を担う人材の育成

3.先達への感謝とその先へ紡ぐ新たな価値の創造

4.新たな価値を創造するリーダーの育成

5.新たな共感を生み出す組織の改革